MENU

彼がメールの返事をくれない時の気持ちの切り替え方

付き合い始めた頃は、毎日のようにメールのやりとりをしたのだけれど、いつの間にか彼からの返信が来なくなってしまった・・恋愛関係にも中だるみの期間はあるものです。
このままだと自然消滅してしまう危険性もあります、彼がメールの返事をくれなくなった原因と、対処法について考えてみましょう。

 

1. 貴女との絆がより深くなっている

 

これは、恋愛の中でも順調なパターンと言えます。
貴女のことをもはや信頼しきっているので、毎日連絡をとって状況を確認しなくても安心していられるという理由です。
「さみしいので三日置きにメールするね」等、等間隔でだいだい決まった時間にメールを送る習慣をつけましょう。
たとえ返信が来なくてもメールが来ると分かっているのなら「きっと読んでくれているはず」と思えて、ストレスが軽減されるでしょう。

 

2.仕事が忙しくてとても返信していられない

 

男性にとって、仕事と恋愛とは切り離して考えられるものです。
貴女に悪いと分かっていても疲れてしまい、他に自分のやりたいこともあれば連絡もできないでしょう。
そんなときにはたまに「さみしいよー、風邪ひいてない?」「忙しい?ちゃんと栄養とれてる?」など、短い文章で、彼も一言で返信しやすいメールに留めておきます。
その分会える時にゆっくりとしましょう。

 

3. 内容のないメールには返事ができない

 

彼に結論のないメールを送ってはいませんか?
特に彼の意見が必要ではない近況報告ですと、「あ、そう」で終わってしまい、返事のしようがありません。
別に彼との仲がどうという訳ではありませんので、心配したり返事を強要する必要もないです。
そんな時には「勝手にメールです、返信しなくても大丈夫だよ」とポジティブな内容のメールを送るのも良いでしょう。
自分で「返事はいらない」としたことにより、返信を待つイライラが無くなります。

 

4. 貴女との関係に影がさしてきた

 

そろそろ貴女との関係がマンネリ化し、飽きてき始めているかも知れません。
イメチェンする、サプライズデートを計画する、彼以外の男友達と行動する等、彼に「ヤバイ」と感じさせてみましょう。

 

5. 彼が自然消滅を希望している

 

別れたいと思っても、会うと面倒くさくなってしまうと思えばメールを放置して、自然消滅を狙っている可能性もあります。
このようなネガティブなことを考える彼とは、早めに別れた方が貴女の為にもなるでしょう。

 

終わりに

 

毎日彼からのメールが来ないか確認するのもストレスが貯まる一方ですね。
彼と会える日に、可愛らしく「たまには返事ちょうだいね、寂しくて浮気しちゃいそう!」と甘えて言ってみて下さいね。