MENU

遠距離恋愛でやってはいけない注意点

相手とすぐ話せない、顔を見ることができない。
遠距離恋愛をしていると、気持ちが不安定になりがちです。
でも、遠距離だからこそ、気をつけなければいけないポイントがあるんです。

 

 

■けんかをするとスムーズな仲直りが難しい

ささいなことで痴話げんか、たまにはそんなこともあります。
でも一緒にいるときと同じようなつもりで口論をすると、その後に仲直りするのはとても難しかったりするんです。

 

そばにいれば、言葉がなくても仲直りすることが可能です。
でも、離れているとそれができなくなります。
けんかの後もすぐフォローができない分、もやもやとして気持ちがいつまでも続いてしまいます。

 

離れているときは、気持ちを伝えるためには言葉が何よりも大切。
でも、メールや電話は実際に会って話すよりも、コミュニケーションがしにくいもの。
いつもなら簡単な仲直りもスムーズにいかなくなるので、けんかはできるだけ控えたほうが無難です。

 

 

■相手の気持ちを試すようなことはしない

長く離れていると、相手の気持ちを確かめたくなるときがあります。
自分のことがどれだけ好きなのか、自分と同じように寂しく感じているのか。
ちょっとした好奇心で、相手を嫉妬させたり不安にさせて、気持ちを探るようなことをしたくなるかもしれません。

 

これは一緒にいるときでも同じですよね。
でも、遠距離恋愛のときは、この効果は何倍にも大きくなるので注意が必要です。

 

離れていると、気持ちはとても繊細な状態。
そんなときに、相手を試すようなことをすると、ひどく傷つけてしまいます。
自分は軽い気持ちでも、相手に不信感をつのらせる原因にもなりかねません。

 

 

■ネガティブな感情は相手の負担に

遠距離恋愛中は、お互いの生活のことがよく知ることができない分、不安になりますね。
何をしているのか、誰といるのか、普段は何でもないことが気になったり、小さなことで不満を感じたり。

 

でも、相手の行動を把握しようとしたり、口を出したり、ネガティブな気持ちで接していると、それが相手にとってだんだん負担になってしまいます。

 

時には、不安や寂しさを素直に伝えることも大切ですが、感情的になりすぎるのは禁物。
明るく、寛容な態度でいるようにすれば、ずっと気持ちも楽になります。
せっかくのメールや電話といった貴重な2人の時間、もっと充実したものにしたいですよね。

 

■終わりに

遠距離恋愛をしているときは、今までのような調子で接していると、思いがけない結果を招く可能性があります。
遠く離れていても良い関係を保つために、避けられるトラブルはできるだけ回避するように心がけましょう。